筋トレと読書をこよなく愛する男のブログ

こんにちは。こんばんは。筋トレと読書をこよなく愛する男、名はプロティンです。主に筋トレの方法と本を読んで知識提供をしてます。

メンタリストDaiGoのおすすめ本をご紹介と簡単な要約

f:id:dreamrich:20170310153414j:image

今回はメンタリストDaiGoのおすすめの本を紹介します。心理学の観点から科学的な根拠のある知識を詰め込んだ、非常にためになる本ばかりなので、ぜひ一度読んでみてください!

 

 

自分を操る超集中力

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

 タイトルの通り、集中力を上げる方法について書かれています。

  • 目の前に鏡を置く
  • 瞑想をする
  • 1〜2時間にコップ1杯の水を飲む
  • 15分に一度立ち上がる
  • ナッツを食べて意志力を回復

などなど集中力を上げる具体的なだれでも簡単にできる方法がたっぷり詰まっています。

本を読んだだけでなく実際にすぐに始めてみることをおすすめします。

 

ポジティブチェンジ

ポジティブ・チェンジ

ポジティブ・チェンジ

 

 5週間でポジティブな自分になれる方法やどうすれば自分を変えられるか書かれています。私はDaiGoさんの本を読んだのはこの本が初めてでした。

  • 1週目 A4の紙に自分を書き出す

現在の自分と正反対の自分を紙に書き出し、これからの自分にしていきます。

  • 2週目 新しいこと日記をつける

些細な新しいことを1個から3個日記に書くようにします。新しいことを探していると行動しやすい人間になっていきます。

  • 3週目 めんどくさいを行動のサインにする

めんどくさいと感じた瞬間に行動します。やり始めるとやる気がでてきます。行動してからやる気が出るということです。

  • 4週目 超恥ずかしいことをする

超恥ずかしいことをしてしまえば、変化への恐れも消えます。筋肉は傷つかなければ鍛えられないように、心も傷つかなければ鍛えられません。

  • 5週目 敵を利用する

苦手な存在こと利用すべき相手です。こいつを利用して、どういうふうに利益を上げてやろうか、と考えるのです。

 

このステップをやると本当に行動できる人間になっていきます。

 

 

 

ちょっとした行動で未来を変える52のヒント

ちょっとした行動で未来を変える52のヒント

ちょっとした行動で未来を変える52のヒント

 

 この本は~をすると、~になるというように簡単な行動をするとどういう結果が得られるのかが、目次を見るだけでも分かるようになっています。

  • 5分の瞑想でイライラが解消される
  • 目標を公言すると、達成しやすくなる
  • おすすめの店を聞くとデートの誘いを断られない
  • 過去から謝れば女性の怒りは収まる

ということが目次に書かれていて、さらに詳細は本文に書かれています。

目次を写メっておくだけで、瞬時に内容が分かります。

 

男女脳戦略 

男女脳戦略。---男にはデータを、女にはイメージを売れ

男女脳戦略。---男にはデータを、女にはイメージを売れ

 

 

この本は男性脳、女性脳の違いを知ることで結果を出せる本です。

  •  一つに集中する男、同時進行ができる女
  • 結論を急ぐ男、プロセスが大切な女
  • 場所を伝えるとき、男は距離や方角、女はランドマークで説明する
  • 話の中心は男は「私」、女は「私たち」
  • スーパーでは男は自分の欲しいものにまっすぐに行く。女は目的のもの以外も見る。

などなど男女の脳の違いによる行動や言動の違いが分かりやすく載っていて面白いです。ちなみに、男でも女性脳、女でも男性脳の人もいるということです。

 

 

「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学

 

 

こちらは過去記事でも紹介しました。自分の好きなこと、得意なことを仕事にしてお金を稼ぐための方法が書かれています。実際に読んでみて、自分の好きなことを伸ばしていこうという気持ちが高まり、より一層力を入れるようになりました。

自分の好きなこと、得意なことがある方にぜひ読んでほしい本です。

 

 過去記事はこちら↓

 

dreamrich.hatenablog.com

 

以上メンタリストDaiGoさんのおすすめの本を紹介しました。何よりも大事なのは「本を読んで、学んだ知識を必ず実践してみること」だと思います。

出来れば読んだ瞬間から行動してほしいです。

ポジティブチェンジにも書いていました。「やる気が出てから行動するのではない、行動してからやる気が出るのだ。」ほんとにその通りです。

 

まずは何も考えず、手を付けてみましょう。