筋トレと読書をこよなく愛する男のブログ

筋トレと読書をこよなく愛する男のブログ

こんにちは。こんばんは。筋トレと読書をこよなく愛する男、名はプロティンです。主に筋トレの方法と本を読んで知識提供をしてます。

【BYAF法】説得の効果が2倍になる説得術!



f:id:dreamrich:20180507150852j:image

皆さんは説得するときにどんなテクニックを使っていますか?

心理学を応用した様々な説得術が有名ですね。例えば、ドアインザフェイステクニック。これは初めに大きい頼み事をして、断られたあとに、それより簡単な頼み事をして承諾してもらう方法です。一度断った相手は、罪悪感を感じて、2度目の頼み事に応じてしまうという原理ですね。これはかなり有名で、今では使っても相手にバレてしまうのではないかとさえ思っています。今回はおそらく使われた相手も気づかないであろう説得術を教えます。

 

 

 

BYAF法とは?

説得の効果が2倍になるその説得術の名前はBYAF法と言います。これは「But you are free(しかし、あなたは自由です)」という意味になります。この頭文字をとってBYAF。西イリノイ大学の研究で、過去に公表された42の信頼ある研究をまとめて分析したものです。22,000人のデータをメタ分析しており、かなり信頼性が高い説得術です。

 

BYAF法がどういうものかというと、頼み事の最後に「あなたの自由だけどね」と一言付け加えるだけという方法です。これで相手が「イエス」と言う確率が2倍もアップするようです。

 

え、それだけ?と思いでしょうが、これがかなり強力で、これを言われた相手はいきなり突き放されたように感じてしまい、その結果承諾してしまうのです。親しい人や恋人に言うと、なんだか離れていってしまいそうな気になるようです。

 

この説得術の要は、判断を相手に任せて、あなたの意思は尊重されている、あなたは自由に選ぶことができて、縛られていませんよ、というところです。

 

このフレーズがなぜ強力なのかというと、人は自分で物事を決めたと思いたい生き物だからです。相手から無理やり選択肢を迫られると、それを避けたくなります。自分で選んだという一貫性があることで、人は物事を決めやすくなります。こういった理由からなのです。 

 

 

BYAF法の使用例

 BYAF法をどのように使うのか?簡単です。頼み事の最後に1言付け加えるだけです。 

 

「〜してほしいな、君の自由だけど

 

という感じです。

 

こういった頼み事は、人によってしっくりくるフレーズがあったり、声のトーンであったり、言い方というものがありますね。不自然ではない、自然な言い回しでないと効果も十分に得られません。

 

普段君なんて呼ばない人がいきなり君と呼んでも不自然なだけで、「〇〇君に任せるね〜」みたいな感じで、普段の喋り言葉で使うのがいいと思います。

 

 その他のフレーズとしては、

「あなた次第だよ」

「決めていいよ」

「お好きなように」

「あとは任せるよ」

「自由に選んでね」

 

「君が嫌だったらいいよ」は特に良いフレーズかなと思います。

 

あくまでも最後は相手自身に選ばせるというところが重要です。

 

これは恋愛にも応用できますね。気になっている相手を誘うときに、「今度ご飯かカフェ行かない?どっちがいいかな?君に任せるよ」

 

ダブルバインドとの合体技ですね。〜か〜ならどっちがいい?と選択肢を2つにすることで、YES、NOの選択を無くしています。

 

その他にもドアインザフェイステクニックなどと合わせて使ってもかなり効果があると思います。

 

ドアインザフェイスだと、まず大きなお願いをして、次に小さなお願いをします。それから、BYAF法を入れます。

「1万円貸してくれる?」「え〜〜」「じゃあ、5千円は?まぁ、金額は君に任せるよ」

というふうに使います。

 

 

こんなふうに様々なテクニックと合わせて使うことで、説得の効果が更に強まるかと思います。気をつけたいのが、必ずしも相手を説得できるというわけではないこと。心理学に詳しい人なら、テクニックに気づくこともあります。まぁBYAF法はそうそう知っている人はいないと思います。

 

ともかく使って効果を実感してみるのが1番なので、ぜひ最後の1言、ひと押しとして言ってみてください。

 

 

 

 説得関連の本や心理学のテクニックについて↓

 

 

dreamrich.hatenablog.com

 

 

dreamrich.hatenablog.com

 

 

dreamrich.hatenablog.com

 

 

dreamrich.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

; ;