筋トレと読書をこよなく愛する男のブログ

筋トレと読書をこよなく愛する男のブログ

こんにちは。こんばんは。筋トレと読書をこよなく愛する男、名はプロティンです。主に筋トレの方法と本を読んで知識提供をしてます。

【メンタリスト】シーズン1 第2話「赤毛と銀色のテープ」考察とネタバレ感想〜観察力を鍛える見方〜


f:id:dreamrich:20180123222134j:image

 

「メンタリスト」シーズン1第2話ということで、ネタバレしていきますのでご注意を〜!

あと、主な登場人物の紹介をしてませんでした!(パトリックジェーン以外)

というわけで、人物の紹介もしていきます!

 

 

メンタリストの主な登場人物

パトリック・ジェーン


f:id:dreamrich:20180125213458j:image

主人公であり、人の心を読み、暗示にかけ、思考と行動を操作する。観察力に長けている。

 

 

テレサ・リズボン


f:id:dreamrich:20180125214845j:image

CBIに勤務しており、チョウ、リグスビー、ヴァンペルトの上司。男らしく、ジェーンといい雰囲気。

 

キンブル・チョウ

 
f:id:dreamrich:20180125215912j:image

CBIのメンバー。真面目そうだが、昔ギャングに属していたそう。

 

グレース・ヴァンペルト

 
f:id:dreamrich:20180125213449j:image

新人の警察官。リグスビーと後に恋人同士になる。

 

ウェイン・リグスビー

 
f:id:dreamrich:20180125214850j:image

CBIでヴァンペルトの先輩。ヴァンペルトに始めから好意があり、後に告白する。

 

とまぁ、こんな感じで簡単にご紹介。

 

 

赤毛と銀色テープ」のあらすじ・感想と考察

 

カリフォルニア州ナパ群北部にて、若い赤毛の女性が遺体で発見されます。

 

遺体を見たジェーンは、犯人は性的暴行が目的の地元の人間だと推理します。

 

女性の名はメラニー。

 

ラニーはレストランでバイトをしており、弟と、クリスマスまで不良の彼氏がいました。

 

バイトが終わった夜に殺されています。

 

ラニーの部屋を捜査したジェーンは天井に貼った写真を発見。


f:id:dreamrich:20180124180724j:image

 

写真を見て、「彼氏がいた。クリスマスの頃に遊園地で会ってる。相手は人に紹介できないような人物で、極端に年上か不良、不良が有力だ。名前はHで始まる。」

 

と推理します。

 

写真を破った痕跡がありますね。そして、写真を中心に周りを装飾して、Hの形にしています。

 

地元の警察官は夜、レストランから客がお金を払わなくて通報を受けていて、ちょうど車が走り去るのを見たとのこと。

 

その後ジェーンとリズボンは、レストランのオーナー夫婦に話を聞きます。殺された夜は確かにバイトをあがったと証言。

 
f:id:dreamrich:20180124202435j:image

そこに、メラニーの仲の良い友達ラクエルが登場。そう、天井に貼ってあった写真に写っていた子。

 

ラクエルはメラニーについて、口を割らない。ここで、ジェーンは催眠術をかけます。

 

のちのちこれが効いてくるんですよね〜

 

ラニーのロッカーから、「sorry」と書かれたメモが見つかる。ジェーンは、レストランの従業員を集め、「これを書いた人物が犯人です。」などと言うと、メモを書いた人物が突然倒れます。

 

おそらく、逃げられないと思ったんでしょうね。

 

その人物は男で、話を聞くとメラニーが好きで、バイト終わりに待っていて誘おうとしていました。しかし、メラニーは嫌がって帰り、その事を謝りたくてメモを残したと証言。

 

また、駐車場にどれくらいいたかという質問に「5分です、、6分か」

 

と訂正を加えていますね。

 

 

普通、嘘をついている人なら、訂正はしないでしょう。時間は正確に覚えていないので、本当なら記憶が正しいか訂正を加えたくなるものです。

 

その後、2ヶ月前の誘拐事件でも、同様に赤毛の女性が狙われていたことが分かります。

 

犯人は誘拐したが、何もせず、モーテルのベッドにテープで縛り付けたままで、清掃員に発見されています。

 

赤毛の女性を誘拐するが何もせず、その2ヶ月後も別の赤毛の女性を誘拐するが、計画がずさんで殺してしまう。内心は殺したいが、良心が咎め、恐怖が邪魔をする。だから、狙いも計画もあやふやなまま、犯行に及んでしまい、失敗を重ねる。」

 

このようにジェーンは推理。

 

CBIにラクエル登場。ジェーンは肩を叩き、催眠術を解きます。

 

ラニーの彼氏はラクエルのはとこ。怖いから口を割らなかったとのこと。

 

ラニーの彼氏を捕まえ、話を聞きます。

 

彼氏は殺された夜、メラニーを待っていたが、警察がくると帰った。

 

リズボンはメラニーの彼氏が犯人だと決めつけます。しかし、そうは思わないジェーン。

 

 ジェーンはモーテルに行って従業員に話を聞きます。

 

モーテルを使っていた人物の特徴を聞くと、最近来たことも分かりました。棚を開けてみると、漂白剤が置いてあります。

 

犯人は再びここに来ると確信。

 

そして、罠を仕掛けるため、ヴァンペルトとリグスビーをレストランのテラスで食事をさせ、わざと喧嘩させ、ヴァンペルトを1人にさせます。

 

つまり、ヴァンペルトに近づいてきたものが犯人ということですね。

 

 ヴァンペルトが1人でいると、来たのは保安官。

この記事の1枚目のジェーンと一緒に写っている人物です。

 

彼は危ないから車へ乗るよう指示しますが、そこへリグスビーらが表れ、それを阻止します。

 

しかし、実は犯人は保安官ではありません。

 

計画が破綻したと思ったジェーン。モーテルにいると、そこへレストランのオーナー夫婦が縛った女性を引きずってやってきます。

 
f:id:dreamrich:20180125215410j:image

 

犯人はこの2人。

ジェーンは見つかり、銃を向けられますが、ジェーンの巧みな話術で夫婦は喧嘩を始めます。その隙に、リズボンが部屋に突入し、夫婦を撃ちます。

 

これにてCase Closed。

 

今回もジェーン節が炸裂し、いい勉強になりました。

 

それでは、また第3話でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

; ;