筋トレと読書をこよなく愛する男のブログ

筋トレと読書をこよなく愛する男のブログ

こんにちは。こんばんは。筋トレと読書をこよなく愛する男、名はプロティンです。主に筋トレの方法と本を読んで知識提供をしてます。

【メンタリスト】シーズン1 第1話「レッドジョンの影」  考察とネタバレ感想〜観察力を鍛える見方〜 



海外ドラマ「メンタリスト」は前から気になっていたのですが、ようやく見始めました!

 

この記事を書いているときはシーズン2を見ている最中で、正直ハマってしまいました(笑)

 今回はメンタリストのシーズン1 第1話 

「レッドジョンの影」のネタバレ感想と推理の考察をしていきます。

 

 

 

メンタリスト(THE MENTALIST)とは

 
f:id:dreamrich:20180114170948j:image

主人公パトリック・ジェーンサイモン・ベイカー)が相手のしぐさや表情を観察したり、相手の行動を操って事件を推理していきます。

 

ジェーンは妻と娘をレッドジョンという殺人犯に殺されており、ジェーンはレッドジョンを追いながら、様々な事件を解決していきます。

 

シーズン1 第1話の感想とネタバレ・考察

 

 
f:id:dreamrich:20180114170917j:image

夫妻の娘が行方不明になったところから始まります。ジェーンの凄さが分かる最初の事件になります。

 

実は1話のメインはこの次の事件になります(笑)

 

別の男の子が容疑者として浮上しますが、ジェーンは夫妻の様子から夫が犯人ではないかと推理します。

 

理由として

  • 妻が夫を避けているような仕草をしたこと。
  • 冷蔵庫に貼ってある写真から夫と娘の関係が怪しいこと

から分かったと思われます。

 

妻と話をしているジェーンのところに夫がやってきてすぐ様、「娘を殺しました?」と聞くジェーン。


f:id:dreamrich:20180114171012j:image

これには驚きました(笑)いきなりそんなことを言うとは(笑)

 

これに対して夫は「なんてことを言う、、」

 

あまり腹を立てている様子はありません。

「殺してないなら普通殴りかかる」とジェーン。

 

そして突然妻が夫を撃ち殺し、事件は解決へ。

 

とまぁ、ここまでが最初の事件ですが、、

 

メインはここから(笑)

 

プライス邸にて、主治医タネンと夫プライスの妻であるアリソンの遺体が見つかります。そして、現場にはレッドジョンのトレードマーク。


f:id:dreamrich:20180115215951j:image

 

なんとも不気味ですね。。

 

タネンは スタンガンで襲われ、ゴルフクラブで頭蓋骨を殴打されたのが死因。現場にあったゴルフクラブが凶器。

 

アリソンもスタンガンで襲われた痕と黒いビニールの紐で結ばれた痕、胴体をひどく傷つけられたのが死因。

 

 タネンはアリソンの主治医で、不倫かと疑いますが、ジェーンはタネンの遺体を見ると「彼はゲイだ。」の1言。

 

かかりつけ医ワグナー医師登場。


f:id:dreamrich:20180115221042j:image

 

すごく優しそうな喋り方。

 

 

捜査を進めていくうちに、ジェーンの元にレッドジョンの模倣犯から手紙が届く。

 

ワグナー医師から話を聞き出す中でジェーンは「タネン先生は日記を?最近の事件では日記が手がかりになったもので」と発言。

 

その後おもむろに日記を書き始めるジェーン。

 


f:id:dreamrich:20180115222449j:image

 

これが後に事件解決の鍵となります。

 

 

レッドジョンの模倣犯の手紙から、アリソンは弟と不倫していたと判明。

 

ジェーンは眠れないのだとワグナー医師に診察を頼む。

 

ジェーンはワグナー医師に日記の話を何度もして、日記が重要であると思い込ませる。

 

おそらくワグナー医師は、日記にまずいことが書かれているのではないかと思ったのでしょう。

 

ジェーンはオフィスから帰る際に、オフィスのカードキーをワグナー医師からこっそり盗みます。

 

その後、慌ててタネンのオフィスで日記を探し始めるワグナー医師。

 

するとそこへジェーンが再び登場。携帯を置き忘れたと言います。

 

 必死でごまかすワグナー。

 

ジェーンが日記探しを手伝います。そう、ジェーンがあらかじめ仕込んでおいた日記を本棚の下に隠しておいたのです。

 

診察を頼んだときに隠しておいたのでしょう。

 

 ジェーンは日記を持って立ち去ろうとしますが、ワグナーに携帯のことを指摘され、一緒に取りに行きます。

 

 携帯を取り、帰ろうとするとワグナーがいきなり銃を向け、日記を渡すようにジェーンに言います。

 


f:id:dreamrich:20180117213219j:image

 

その日記の中には「自首しろ」の文字が。

 

ジェーンが書いておいたものです。

 

タネンがワグナーの命を救う活動を、金のために邪魔したのが動機でした。

 

レッドジョンからの手紙を模倣したのはワグナーでした。

 

 ジェーンは「弾はさっき抜いておいた」と言い、ポッケを叩く素振りをしてワグナーを油断させ、逃げたところに部下が待ち構えており、ワグナー医師は捕まります。

 

これにて、Case closed。

 

いやー第1話からジェーンのメンタリズム?的な相手のしぐさや表情を観察したり、罠を仕掛けたりするのが、とても快感で面白かった〜〜!

 

Amazonプライムで視聴できるので、ぜひ見てください〜!

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

; ;